スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行カードローンの実態

総量規制が導入されて以来、消費者金融で借りられなくなった人たちの受け皿として銀行カードローンが人気を集めています。
多くの銀行カードローンでは、消費者金融を保証会社としています。

例えば、
三井住友銀行カードローンの保証会社は、プロミス
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の保証会社は、アコム
新生銀行カードローンの保証会社は、新生フィナンシャル(旧レイク)
などです。

銀行カードローンの実態は、名前は銀行で実質消費者金融と契約しているような状態です。

表向きには見えないだけで、実際はプロミスと契約しているような状態
実業務もプロミスに丸投げしています。
金利が10%の場合、銀行が8%、プロミスが2%の取り分になり、
信用情報もプロミスが更新しています(支払→銀行→プロミス→JICC、CIC)
KSCだけは銀行が更新しています(KSCは銀行しか加入できないため)

【関連記事】
>>三菱東京UFJ銀行員が語る「カードローン審査は甘い」
>>みずほ銀行カードローン審査は厳しい??
>>住信SBIネット銀行のカードローンの審査基準・在籍確認・クチコミ
>>銀行カードローンの審査難易度
>>1000人が選んだ顧客満足度No.1のカードローンは?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。